海外探検隊インスパイアプログラム

HOME > 海外探検隊インスパイアプログラム > アクティブラーニング大会 > 海の日INSPIRE 2017:4校の高校生と海洋大生の混合チームがグローバルワークショップを開催

アクティブラーニング大会

海の日INSPIRE 2017:4校の高校生と海洋大生の混合チームがグローバルワークショップを開催

猛暑日となった海の日、グローバルワークショップ「海の日INSPIRE 2017」を開催し、東京海洋大学海外探検隊の学生8名とグローバル教育に注力する4つの高校で学ぶ高校生12名が参加しました(場所:楽水会館)。テーマは「外国人労働力」とし、国内で起きているグローバル化の影響(外国人技能実習生受け入れの実態とその課題)について、高校生と大学生が2か月間にわたって一緒に考察し、その結果をプレゼンしました。

同ワークショップは、本学の授業「グローバルキャリア入門」の特別授業として実施しました。当日は、授業を履修する多くの本学学生が聴講しました。同授業の履修生は、参加チームのプレゼン後に、積極的に質疑応答に参加しました。大学生からの厳しい質問を受けた高校生は、チームの大学生と協議をしながら、一つひとつの質問に即興で答えました。高校生と大学生、そして高校と大学の教員達がインスパイアされた熱い一日でした。

参加高校       1)千葉県立市川昴高等学校        最優秀賞
        2)千葉県立流山おおたかの森高等学校   優秀賞
        3)栃木県立佐野高等学校         敢闘賞
        4)私立文京学院大学女子高等学校(東京都)敢闘賞

オブザーバー  1)「グローバルキャリア入門」履修者
                        2)千葉県立八千代高等学校生物部の高校生と教員

時間        8:00am - 14:00pm
参加人数    合計 約120名(高校生約20名を含む)

HP1.jpg海の日INSPIRE 2017 には、グローバルキャリア入門を履修する学生たちが参加

HP2.jpg

優勝した千葉県立市川昴高等学校と海洋大の混合チーム

HP3.jpg

プレゼンを終了した高校生と大学生達

HOME > 海外探検隊インスパイアプログラム > アクティブラーニング大会 > 海の日INSPIRE 2017:4校の高校生と海洋大生の混合チームがグローバルワークショップを開催

TOP